国際バカロレア(IB)プログラムについてAbout IB

ISNとIB

ISNがIBプログラムを遂行している理由は大きく二つあります。

一つは、皆で行うことでもっと大きなスケールのプログラム開発を進めることが出来る期待。IBはIB参加前のISNプログラムととても似ていたため、移行がスムーズでした。テーマに沿って探求するIBに参加することで、世界のトップ校の、しかも同じような教育価値観を持った学校のスタッフと一緒に行うことが出来ます。「子どもたちにとって最善」を目指す “プログラムの改善” において、同じ方向で話ができるという大変嬉しい利点です。それぞれユニークな理念のもと、各国の教育者の言動は大きなインスピレーションになり、一校で毎年プログラムの開発をする事に比べると、より効果的に良いものが提供できるのではないかと思われます。

また、世界のトップ校と繋がることで、必然的に情報がアップデートされます。世界の動き、各学校の試行錯誤の情報を参考にすることが出来る。プログラムの内容にまつわる情報の入手にも、また教育者としてのモチベーション、プロフェッショナルな業務態度においても効果的であるのではないかと考えます。フレキシブルかつ高い水準の意識を、スクール全体として保つことが期待できます。

IBプログラムとは?

IBは、国際バカロレア機構(本部 ジュネーブ)が提供する国際的な教育プログラムです。1968年にチャレンジに満ちた総合的な教育プログラムとして、世界の複雑さを理解し、対処できる生徒を育成し、生徒に未来へ責任ある行動をとるための態度とスキルを身に付けさせること、国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保することを目的として設置されました。現在、団体は認定校に対する共通カリキュラムの作成や、世界共通の国際バカロレア試験、国際バカロレア資格の授与等を実施しています。

IBは国際人を育てることを目的として、世界各国の教育エッセンスを集めて作られた教育プログラムです。生徒には、探索・実験・発見を通じて自発的に学ぶ姿勢が必要とされ、授業の内と外で色々な興味を高めていくことに重点が置かれます。生徒の年齢に応じて、以下の教育プログラムを提供し、世界140以上の国や地域、4,050校(日本国内 28校)において実施されています。※平成27年3月2日付の統計

日本のIB認定校(文部省Link)

  • プライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP)※ISNはPYPの認定校です。
    プレスクール〜G5の初等教育過程(6年間の教育課程)3-12歳を対象として、精神と身体の両方を発達されることを重視したプログラム。どのような言語でも提供可能。幼児期から始めるPYPは、IBの目指す学習者像をもって多様な社会的スキルや心得、学習スキル、を身につけます。興味のあることが”自分を高めること”に繋がるよう焦点が当てられます。1997年に設置される。
  • ミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)
    11-16歳を対象として、これまでの学習と社会のつながりを学ぶプログラム。どのような言語でも提供可能。どのような態度で学びに取り組むか。理想を掲げてバランスのとれた小さな学習者として活動を発展させます。1994年に設営される。
  • ディプロマ・プログラム(DP)
    16-19歳を対象としたプログラムであり、所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)が取得可能。原則として、英語、フランス語又はスペイン語で実施。1969年に設置される。
  • キャリア関連プログラム(CP)
    16-19歳を対象として生涯のキャリア形成に役立つスキルの習得を重視した、キャリア教育・職業教育に関連したプログラム。一部科目は英語、フランス語又はスペイン語で実施。2012年に設置される。

IBの利点

IBの一番の利点は、「こうだから、こう。」という教える→受けるのトップダウン式の教授法ではなく、「なんで?」「もしかしたら」「もっと」といったような先生と生徒、生徒間での対話法により、発見や考え方がその個人らしい発展をしていく無限の学習法にあるかと思います。

教師は生徒の学習態度、方法を含め多面的に評価します。ゆえに生徒は世界で1つの自分らしさを評価してもらうことが出来ます。
教師は生徒一人ひとりを見る目、教師としての人間性はもちろん、総合的評価ができる大変高度な能力を備えている必要があります。

  • IB students take ownership of their learning. They set personal goals, reflect on their learning and are given opportunities to self evaluate.
    IBでは学びの中心は常に生徒です。先生は議会の議長のように生徒の学びの発展を助言によりサポートし、時には舵を取る役です。話し合いは生徒間で行われ、生徒がゴールを決め、どうしたら目標に到達するか、またアセスメント(評価)も自己評価により行われます。
  • IB students are nurtured into becoming well-rounded individuals with an international outlook.
    バランスのとれた考え方ができる生徒というのは、IBの多くの学習者像の一つです。知力のみならず体を動かすことに長けていること、より良い社会へと取り組む事に喜び、生き甲斐を感じる総合的な人間を毎日の具体的な目標に沿って育てます。
  • IB students are encouraged consistently to take constructive action in their community.
    IBの学びは社会に直結し、実行に移すにはどうしたらいいのかと、継続的、かつ建設的に行動するように生徒たちは推奨されます。
  • IB students respond to the high standards and expectations of the PYP.
    IBの生徒たちは、少し高めの目標に挑戦することに対して、楽しみを見出します。
  • The PYP provides opportunities to include parents ares other members of the community in the learning process.
    PYPプログラムは保護者や地域の関係者が、子ども達の学びに関われるように機会を提供しています。
  • The PYP create a common framework for schools and students around the world. As a result, families can move easily from ISN to a PYP school anywhere in the world and know that the learning philosophies and values will remain consistent.
    PYPの学び方は世界のPYP提供校で共通しています。転校があっても、PYP校の理念や、学びに対する価値観は同じです。
  • The PYP is part of the continuum of international education offered by the International Baccalaureate Organization. The approach to teaching and learning in the PYP is ideal preparation for IBO’s Middle Years Programme and the IBO’s Diploma Programme.
    IBの世界的な評価は高く、日本でも少しずつ知られ始めています。PYPはMPやDPへの準備としても理想的です。

IB認定校になるまでの大まかなステップ

  1. Consideration phase(検討段階)
    IBの認定に関心のある学校は、国際バカロレア機構に対して、まずは一定の関心を有す旨を伝えるとともに、必要な情報を得るため、同機構のホームページを通じて所定の様式(SIF: School information form)を提出する。 その後、一般的には必要に応じてIBの出版物のパック(Starter pack)を購入して、IBの理念やカリキュラム、学習内容を理解するとともに、校長等や教員向けのワークショップに参加するなどして、IBプログラムの導入可能生について検討を行い、最終的にIBの認定校に申請するか否かを判断する。
  2. Request for candidacy(候補校の申請)
    候補校の申請書に記入し、申請費とともに提出する。書類審査、メールでの情報交換、インタビュー等を経て、国際バカロレア機構による候補校としての決定が行われる。申請書の提出期限は4月1日と10月1日の年2回。
  3. Candidate phase(候補校段階)
    候補校となった学校では、認定要件を満たすために必要な準備が進められることになる。国際バカロレア機構は候補校に対して必要な助言を行うため、担当のコンサルタントを指名する。該当コンサルタントは学校訪問を実施するとともに、学校に対し認定に向けての必要な助言を行っていく。 ISNのコンサルタントはMr. Mario Gauci(IBアジア地区)。
  4. Verification visit(認定訪問)
    Application for authorizationの提出後、国際バカロレア機構の専門家による認定訪問が行われ、IBの認定要件を満たしていれば、正式に認定が行われる。
  5. Verified as an IB schoo(認定決定)
    ISNは2017年12月にIB校に認定されました。

キャンパスCampus

南松本キャンパス

南松本キャンパス

〒390-0832 長野県松本市南松本1-2-2

more
島内キャンパス

島内キャンパス

〒390-0851 長野県松本市島内7779-1

more

お問合わせ・学校見学Contact Us

お問合わせ・学校見学についてはそれぞれの専用フォームより承ります。
お電話でのお問合わせも受け付けております。お気軽にお問合わせください。

南松本キャンパス:tel (0263)87-5971 / 島内キャンパス:tel (0263)88-6562

受付時間:平日午前8時〜午後4時