国際バカロレア認定校、保育士常駐のインターナショナルスクール、認可外保育施設(給付金対象施設)

All the best wishes in 2021!

新年あけましておめでとうございます。

2021年スタートしましたね。お休みはご家族そろってゆっくりと過ごせましたでしょうか?世界はまだまだ先が見えない状況ですが、G2クラスでは、昨年と変わらず元気な子ども達の顔が揃い、勢いよく学校生活の始まりをきれました。

今週はWinter Programの週となり、”Natural History ~Dinosaurs world~”と題して、恐竜の世界について探求しました。Paleontologist(考古学者)になりきり、恐竜の骨の発掘や、発掘した恐竜について大きさや特徴などを細かく調べたり、恐竜のクラフトをしたり…みんなとっても楽しんで学んでいて、あっという間に4日間が過ぎました。

特に盛り上がったのは「恐竜の化石の発掘」アクティビティー!実際の考古学者の様に、歯ブラシやピンセットを使い、土の中から骨を取り出し、きれいに洗って、恐竜の形に組み立てました。この組み立て作業がなかなか難しかったようで、”It’s hard~” “Oh, I connected it” などと、骨と骨がつながると、とっても嬉しそうにしていました。このアクティビティー後から、「発掘ごっこ」が大流行!お昼休み後は “Can I have a toothbrush?”と歯ブラシとピンセットを片手に外へ飛び出しては、石(子ども達曰く、恐竜の歯)をたくさん発掘していました。実際の化石を家から持ってきて見せてくれる子もいて、上級生から詳しい説明を受けたり、とっても素敵な体験となりました。

また、最終日には恐竜のクラフトを行い、作った恐竜で紙相撲大会をしました。一斉に箱をドンドコドンドコ叩いて、盛り上がっていました。中には負けたのが悔しくて、紙を切ってすぐ(作った恐竜が)倒れないようにしている子もいました。

2021年の目標もみんなで発表し合いました。「3年生に向けていっぱい勉強をする」「たくさん友達を作る」「お母さんお父さんのお手伝いを頑張る」などなど、それぞれ新しい一年を考えて目標を立てていました。「コロナに感染しない!」なんていう今年ならではの目標もありました。

来週からは通常の授業が始まります。 コロナウイルスが終息し、世界人類が平和でありますように祈りながら、本年もどうぞよろしくお願いいたします。