国際バカロレア認定校、保育士常駐のインターナショナルスクール

Canyon July 22-26

Teaching our children/students to be independent even at their very young age, contributes a lot to what they will become in the future!

Our class has been learning how to keep our classroom clean and tidy. We made class agreement which we called “Canyon Daily Duties” such as: to keep their table free from dirt after eating like what we discussed before if they drop/spill something on their table they need to pick/wipe it, to put away all the toys after playing, to put their belongings such as chopsticks, towel, lunch bag, water bottle, toothbrush, etc. at their proper places, and to keep their chairs and tables organized.

We also want them to apply this at home, so we asked them to bring a picture of themselves helping their parents do household chores that they can do independently. We showed their pictures to the class, and asked them what they were doing in the picture. They were very happy and proud that they can help their parents and made them happy!

幼い頃から自分で自分の事をするという事を学ぶのは、みんなが今後成長してからの姿に大きく影響するでしょう。

キャニオンクラスでは、自分たちの教室をきれいで整理整頓されたお部屋にすることを学んでいます。「キャニオンクラス毎日のお約束」と題し、みんなで以下のような同意をしました。

・食後はテーブルにゴミがないようきれいにする(以前お話したように、もしテーブルに食べ物をこぼしてしまったら、自分たちで拾ったり拭いたりしてきれいにします。)

・遊んだ後は玩具を片付ける

・登園後、お箸、口拭きタオル、ランチバック、水筒、歯ブラシなどの持ち物を決められた場所にカバンから移す

・イス、テーブルを正しい場所に置く

スクールで学んだ事を、お家でも是非実践してもらいたいと思っています。今回はお家で家事のお手伝いをしている写真を撮っていただき、スクールに持ってきてもらいました。みんなの前でそれらの写真を見せて、どんなお手伝いをしたか子供たちに質問しました。みんな誇らしげにどんな事をしたかお話してくれ、お母さんやお父さんを助けたことがとてもうれしそうでした。この度はご協力ありがとうございました。

We read a story entitled “Rooney’s Adventure”. In this story, Canyon learned how to be caring, principled, and inquirer. This book is also related to our UOI “Clean and Dirty” with the central idea “We clean up after ourselves” There was a situation wherein Rooney decided to help his sick friends by cleaning the dirty beach. First he found out where were those dirt came from. And even though he was afraid of the octopus, he became brave just to solve this problem. This characters in this book also showed independence and cooperation. Rooney proved that he can solve the problem on his own and the octopus agreed and helped Rooney in cleaning the dirty beach.

To determine if they already knew the difference between Clean and Dirty, I challenge them through a game! I showed them different pictures, and they had to identify each picture if it’s clean or dirty. If their answer is clean, they need to line up in front of a chair labelled as CLEAN and if dirty, they should line up in front of a chair labelled as DIRTY. Everyone did a great job in this activity because they were able to answer correctly!

Next week, it will be the end of our lesson about clean and dirty and of course we’ll have our assessment.

Keep updated through our weekly blog for our next lessons! Thank you!

クラスで、「ルーニーの冒険」という本を読みました。この本を通して、思いやりをもつこと、信念をもつこと、探求することを学びました。お話の中には、今学んでいるUOI「きれいと汚い」のセントラルアイディア「私たちは自分たちで片付けが出来る」に関連する場面があります。本に登場するルーニーという少年が、友達のために汚れた砂浜をきれいにします。最初にその少年は汚れがどこから来ているのかをつきとめます。少年はタコを怖がっているにもかかわらず、問題を解決するためにとても勇敢になります。ルーニーの自立している部分、協力的な部分も本の中で読み取ることも出来ます。ルーニーは自分で問題を解決することができ、タコは汚れた砂浜をきれいにするためにルーニーを助けることが出来ました。

みんなが「きれいと汚い」の違いについてどのぐらいわかっているかを知るために、ゲームをしました!色々な写真をみんなに見せて、きれいか汚いか識別してもらいました。もし答えが「きれい」であれば、「きれい」のカードがついたイスの前に並びます。もし「汚い」と判断すれば、そのカードがついたイスの前に並びます。みんな自分で識別して、正しい場所に並ぶことが出来ました。

来週は「きれいと汚い」について探求する最後の週になりますので、アセスメントを行う予定です。

こちらは今週行ったクラフトの様子です。ライオンのたてがみをハサミでチョキチョキと切って、お顔をクレヨンで描きました。予想していたよりも、みんなたくさん切り込みを入れ、フサフサのたてがみが出来ました!

来週のブログもお楽しみに!