国際バカロレア認定校、保育士常駐のインターナショナルスクール

G3&4 – Finding out (April 20 – 24)

We continued our routine with online lessons using Google Meet. The students were engaged with the lessons and more able to use the technology. They searched detailed pictures of the organs of the body and watched videos about different body systems. They took notes, wrote a story about the digestive system and drew pictures of organs from observation.

今週もグーグルミートを使ってオンライン授業を引き続き行いました。みんな、テクノロジーをさらに使いこなせるようになり、意欲的に授業に参加していました。体の臓器の詳細な画像を検索して、様々な体のシステムについてのビデオを見ました。ノートを取り、消化器系についての話を書きました。それから観察した臓器の絵を描きました。



When the students came to school we continued to build our community. The student helpers were in role and took responsibility.

指定登校日でみんなが登校してきた際は、クラスのコミュニティを築きました。それぞれ責任を持って当番の役割を果たしました。



As part of the Inquiry we made a model of the respiratory system using plastic bottles, straws and balloons. The students worked as a team and were successful to demonstrate that their model simulated the process of breathing.

探究の流れの一環として、ペットボトル、ストロー、風船を使い呼吸器の模型を作りました。チームで協力して作成することができ、呼吸のプロセスをシミュレーションすることに成功しました!



In Art/Moral the students designed posters to warn about the threat of Coronavirus linked with the respiratory system and highlighted what action we can take to stay safe.
アートの授業では、子どもたちは呼吸器にかかわるコロナウイルスの脅威の警告と安全でいるために自分達が出来ることに関するポスターを作りました。