国際バカロレア認定校、保育士常駐のインターナショナルスクール

Nagano Aurora – Animals in our environment (19-21 July)

Hello everyone!
みなさん、こんにちは。

It was a short, but fun week this week. We finished our first line of inquiry (LOI), had fun playing with the water outside, and went to the pool for our swimming lesson!
今週は短い週でしたが、オーロラさんみんなで楽しい3日間を過ごしました☺
わたしたちは最初のLOIを終え、園庭でのプールを楽しみ、そしてスイミングレッスンへも行って来ました。

UOI (People’s actions impact animals)

Our first LOI for unit 2 has been “Animals in our environment”. We have been focusing on animals that it’s possible to see here in Nagano, or Japan too for the ocean habitat. For the last few weeks, we have created four habitats by sticking animals to our habitat posters. This is was our last lesson for LOI1, so we had a formative assessment. This assessment is a way to see how much we have learned, but also serves as a nice review lesson for everyone!
ユニット2の最初のLOIは、「身の回りの動物たち」です。私たちはここ長野で、あるいは日本の海で見られる動物たちについて学んできました。最初は、農場、そして川/湖、山/森、最後に海の生息地にどんな動物が住んでいるのかを話し合いました。それぞれの生息地のポスターにそこに住む動物の絵を貼り付けて、4つの生息地を作成しました。今週は、LOI1の最後のレッスンなので、”formative assessment”を行いました。この評価は、私たちがどれだけ学んだかを確認する方法ですが、また子どもたちにとって振り返りのレッスンとしても、とても役立ちます。

We took down most of the animals from the habitats, put them in a basket, and shuffled them around. Then, the kids came up, like they have done in the previous lessons, and picked an animal from the basket. After introducing the animal, they found, they had to choose the correct habitat to stick it on.
私たちはまず、作成した生息地のポスターからすべての動物を剝がしました。その剥がした動物の絵を小さなバスケットに入れてシャッフルをしました。それして、今までのレッスンと同様に子どもたちが一人ずつ前に出てきて、バスケットから動物を選びました。動物の絵を一枚だけバスケットの中から取り出し、それをみんなの前で紹介しました。そして、4つの生息地のポスターの中から、正しいと思う生息地に選んだ動物の絵を貼り付けていきました。

I was happy to see that our students could remember the animal and habitat names, but even more happy that everyone chose the correct habitat for their animals! Way to go Aurora!
子どもたちが動物と生息地の名前を覚えているのを見て嬉しかっただけでなく、
みんながそれぞれ選んだ動物の正しい生息地を選べた事が、さらに嬉しいことでした!!やったね🤩オーロラさん☆彡

Storytime

This week, the teacher brought in a special book from his country, Norway. The book is called “Karius and Baktus”, and is about two little trolls that live in your teeth. They live in the mouth of a boy called Jens, and grow stronger every time he eats sweets. They build houses in Jens’ teeth and causes a lot of tooth ache!
今週、先生は母国「ノルウェー」から特別な本を持って来ました。ノルウェーの人ならばきっと誰もが知っている絵本だそう。その名も「KARIUS og BAKTUS(カリウスとバクトゥス)」甘いものを食べるのが大好きなイエンスくんの口の中で、楽しく暮らしているのがカリウスとバクトゥスのふたり。甘いものをイエンス君が食べると、ふたりは大喜びで家づくり(虫歯づくり)を始めるのです。そして、たくさんの痛みを引き起こすのです!!

The book was written by Thorbjørn Egner. It first came out in 1949, and was later adapted in to an animated puppet movie in 1955. It is very famous in Norway, and is used to teach kids the importance of proper dental care.
この本は、トルビョルンエグナーによって書かれました。1949年に最初に公開され、その後、1955年に人形劇のアニメーション映画に採用されました。ノルウェーではとても有名で、子どもたちに適切な歯科治療の重要性を教えるために使用されています。

Here is a small clip from the animated movie!

Thank you for reading, and I hope you are all having a wonderful summer break! Stay safe in the heat!
読んでいただきありがとうございます。暑さが続いていますが、皆さま、お体に十分気をつけて、素晴らしい連休をお過ごしください。