国際バカロレア認定校、保育士常駐のインターナショナルスクール、認可外保育施設(給付金対象施設)

シンガポールの中学生とISN小学部の交流会

松本市コンベンション協会の紹介により、シンガポールよりSingapore Science and Technology(SST)の中学生28名、引率の先生3名、現地旅行エージェント乗務員1名の交流受け入れ先として、インターナショナルスクールオブ長野をご提案頂き、交流会開催が決定されました!
環境についての学びという目的において、日本の環境に対する取り組みを実体験したい要望があり(シンガポールでは一般的にごみの分別に取り組んでいない等の理由により)、半日の滞在中にインターナショナルスクールオブ長野の児童と一緒に学びと交流を行う予定になっています。

当日はお互いの学校の紹介や活動内容の共有、長野県や松本市の紹介、ISNにおける環境に対する取り組みのプレゼンテーションをはじめ、医療ごみ専用の焼却場の見学、そしてランチと饅頭作り体験など、盛り沢山の内容です。
SSTの生徒、ならびに先生方との交流、ISN児童、スタッフ一同、非常に楽しみにしてます!