国際バカロレア認定校、保育士常駐のインターナショナルスクール

What do you think the advantages of earthquake are?-G2

先週に引き続き、今週もLOI 2 “Natural disasters affect societies 自然災害は私たちの暮らしに影響する”の単元の元、今週は「地震」と「津波」に関して、それぞれ実験を行い実際の映像を通し、その災害の影響力についてみんなで考え話し合いを重ねました。

週の初めは「Earthquake-地震」について。

紙のキューブを積み上げそれを家に見立て、震源地から近い建物と離れている建物では(崩れ方に)どのような差が出るのか?また、建物の高さによって崩れ方は違うのか?チームに分かれて実験をしました。

“Look! This building is still standing”とそれぞれの変化をしっかりと観察していました。

実験後は、実際起こった地震の映像視聴。

地震大国と言われている日本。今回はまだ記憶に新しい、東日本大震災の映像ともう数十年前となる阪神淡路大震災の映像を視聴しました。

大きな揺れとと共に隠れる事も出来ずその場に倒れこむ人々。高速道路が柱の根本事倒れている状態。大きなビルがそのまま道路に倒れてしまう様子。

“Oh no!” “Wow…”と信じられないという表情を見せながらも、みんなしっかりと目を向け受け止めていました。

週後半に行った「Tsunami-津波」に関しても、地震と同様、実験後に映像を視聴しどう災害私たちの暮らしに影響を与えたのか話し合いました。

最後はクラス全員でこれらの自然災害のAdvantagesとDisadvantagesについて話し合いをしました。

“What do you think the advantages of an earthquake are? 地震のメリットって何だと思う?”

この投げかけにみんな最初は「えーーーーー!!」”Nothing”と声を揃えて答えていましたが、数日かけて考えてもらう内に、

“We can learn how to prepare and evacuate.”

“We can build the strong buildings more than before.”

“People help each other.”

“It can create mountains.”

など、子どもたちなりの答えが出てきました。また、お家で話し合ったことをシェアしてくれる子ども達もいました。

来週からLOI1とLOI2で学んだことを基に、LOI3 “Relief strategies to improve safety-安全向上のための救済手順”について調べていきます。

Moralのレッスンでは “Choices”についてみんなで考えました。本来はArtのレッスンを予定していたのですが、最近G2クラスでやたらと「えーーーーー(嫌だ)」という反応や用紙を雑に使用する様子がみられていたので、今週もMoralのレッスンをすることにしました。

Your action(choice) changes your future あなたの行動はあなたの未来を変える。

私たちはいつも自分自身で(行動の)選択をしています。その選択によって次の結果、反応がやってきます。

レッスンでは、The Ants and The Grasshopper アリとキリギリスのストーリーを通し、どうしてそれぞれこういう結果が訪れたのか、それはなぜなのか話し合ったり、いくつかの写真を見て「この行動は良い選択なのか?そうではないのか?」「なぜ、そう思うのか?」また「この先このままだとその人の未来はどうなっていくのか?」などの意見を交換し合いました。

これからさらに成長していくG2の子ども達。心に力をつけて、自分で考え、信念をもった選択ができるようになっていってほしいと思います。

松本市役所の交通安全課の方に来て頂き「交通安全」についてお話をききました。

車の周りにはたくさん視覚があるということ。また道路を渡る際は「右、左」だけでなく「前、後ろ」も確認しなければいけないなど、大切な事を教えていただきました。子ども達、翌日から早速「あの人たち、白線ギリギリで信号を待っていたね」「おしゃべりしていたから、バスに気が付いてなかったよ」と教えてくれました。

サマープログラム後~毎週月曜日にITCのレッスンが加わりました!

Mr Atsushiからドキュメントの使い方やフォルダーの整理の仕方などを教わっています。みんなPC大好きです。

4連休ですね!体調管理に気を付けて頂き、すてきな休日をお過ごしください。