国際バカロレア認定校、保育士常駐のインターナショナルスクール

With or without rules? Aurora June 13-17 (ルールあり?ルールなし?)

Hello everyone!🤗

This week in UOI, we learned about RULES which we defined as the things that tell us which are okay and not okay to do in a particular place like home, school or park. We want Aurora students to realize and understand the importance of having and following rules through a play. I showed them the dice we are using for the play and everyone was so excited to touch and play with it. Without giving them any instructions or rules on how to play the game, I just gave them the dice and told them “You can play!”. It’s interesting to see their reactions and what they did. Two of the students were so fast and able to get the dice. The rest of the class were divided into two groups circled around the students with the dice and trying to convince their friends to give them the dice. They were very calm at the beginning, until they got frustrated and others started to cry and fight over it. That’s the time I had to stop them and take the dice from them and ask everyone to sit in a circle. Did you enjoy playing? NO! Why not? Because she/he did not share the dice! Do you know how to play the dice? NO! Did I tell you how to play the dice? NO!

こんにちは!今週のUOIでは、家、学校、公園などの場所で守るべきルールについて学びました。オーロラのみんなは、遊びを通して「ルール」とそれを守ることの重要性を認識し、理解してもらいたいと思います。よく遊びに使うサイコロを見せたところ、みんなそれに触って遊ぶことに興奮していました。最初は遊び方についての指示やルールを与えずに、ただサイコロ2つを渡して「遊んでいいよ!」と言っただけです。その時の彼らの反応と実際の動作を見るのは興味深いことです。生徒の内2人は素早くサイコロを取って振ることができました。残りの生徒達は、二手に分かれ、サイコロを持った生徒の周りに集まり、サイコロを自分に渡すよう説得しようとしました。最初はとても落ち着いていましたが、欲求不満になり、泣くなどしてそれをめぐって争いが始まりました。そこで、私は彼らからサイコロを取り戻し、みんなに輪になって座るように言いました。「遊んでみて楽しかったかな?」「いいえ!」「なぜ楽しくなかったんだろう?」「お友達がサイコロを共有してくれなかったから!」「サイコロの振り方を知っていますか?」「いいえ!」「先生はサイコロの使い方を教えましたか?」「いいえ!」 …

Do you want to play again? YES! This time, we played ROLL THE DICE! I told them the rules on how to play it and everyone got a chance to touch and roll it. When I asked them if they enjoyed it, they finally said YES. Do you want to play with or without rules? They raised their hands to agree to playing with rules. 

「もう一度遊びたい?」「 はい!」 今回はサイコロの転がして遊びました。私は遊びの方法とルールを伝えました。そしてみんながサイコロに触れ、転がして遊ぶ機会を得ました。「楽しめたかな?」と尋ねたとき、彼らはついに「はい!」と言いました。 ルールなしで遊ぶのか、ルールを守って遊ぶのか、の問いに みんな手を挙げてルールでもって(守って)遊ぶことに同意してくれました。

Another activity we did was through a worksheet. This is to know how well the students were able to follow directions/rules given by the teacher. We gave them a worksheet and instructed them step by step directions/rules to complete the worksheet. Everybody was listening quietly to my directions, until others got excited to finish it and did it by themselves thinking that they already know what’s the next step and it’s better to finish first. Then we compared their work and asked them if they were able to do it properly according to my instructions.

オーロラのみんなで行ったもう1つのアクティビティは、ワークシートを使用して行いました。 これは、先生から与えられた指示やルールをどれだけ理解し、できるかを知るためです。 まず、彼らにワークシートを渡し、ワークシートを完成させるための手順やルールを説明しました。最初はみんな静かに聞いていましたが、一部の子は指示した事をやり終えて、既に次のステップを知っているかのように(実際の指示とは異なることを)興奮して先に進めてしまいます。活動後、完成したワークシートを比較しながら、先生の指示を聞き、正しくできていたかどうかをこども達に問いかけました。

Finally, we realized and understood that listening to the teacher is as important as following the directions and rules given by the teacher or set to a game, because it guides you and tells you what you are supposed to do and achieve your goal perfectly!

結果、先生の話を聞いたり、ゲーム(遊び)のでの指示やルールに従うことの重要性を認識し理解しました。それは、あなた達に何をすべきかを教え、あなた達を目標達成に導いてくれるものなのです。

In Phonics, we focused on the letter Gg as in girl, grass, green, goldfish, grapes, guitar, and gate. To learn its sound and remember the words beginning with the letter G we played “Sliding Letter Gg Flashcards”. We sat in a circle and asked the students to pass the picture card to the friend next to them hand in hand and later we tried to pass it by sliding the card on the floor going to their friend. We say the /g/ sound and the word while passing each card.

フォニックスでは、 girl(女の子), grass(草), green(緑), goldfish(金魚), grapes(ブドウ), guitar(ギター), and gate(門)など、アルファベットのG・gに焦点を当てました。 その音を学び、Gで始まる単語を覚えるために、「Sliding Letter Gg Flashcards」のリズム活動をしました。 輪になって、隣の友達に絵カードを手渡しし、次は、カードを床でスライドさせて、次の友達に渡します。 /g/の音と単語をリズムをとって言いながら渡します。

Workstation Activities for June and July: These activities are good to improve students’ fine motor skills. Fine motor skills are necessary for many aspects of self-care as children, for example: putting on shoes, feeding themselves, cleaning their own teeth. Fine motor skills are also critical for the development of emergent writing.

6月と7月のワークステーション活動:これらの活動は、生徒の微細運動能力を向上させるのに役立ちます。幼少期の自己管理の多くには、微細運動能力が必要です。たとえば、靴を履く、自分で食事をする、自分の歯を磨くなどです。微細運動は、創発的な文章力の発達にとっても重要です。

Tracing Different Lines/Shapes using handmade Montessori Tracing Board

  トレーシング ・トレーシングボードを使って様々な線や図形を描きます

Tracing Cards for Numbers 1 to 10 and Letters 

        トレーシングカード・数字とアルファベット

Transferring Water using Dropper (スポイトで水の移動)

           •Peg Pinching (洗濯バサミ)

Clay Play (粘土)

In Music class, our boys and girls are learning to sing new Japanese songs. Aside from castanets, they also started to make music using rhythm sticks which they use to tap the colored paper in front of them: red, white, yellow.

音楽の授業では、新しい日本の歌を学んでいます。 カスタネットの他に、彼らはリズムスティックを使っての演奏を始めました。リズムスティックで、赤、白、黄色の色紙を叩いて音を出します。

The weather was nice and perfect for going to the park! We walked to the park on Monday and went to another park on Thursday by bus. Look how they enjoyed the playground! 

公園に行くのに最高の良い天気でした!月曜日は歩いて公園に、水曜日はバスで別の公園に行きました。みんながどんなに楽しく過ごしたかを見て下さい!

That’s it for this week! See you next week for our school open day! Have a wonderful weekend!😊

今週は以上です。来週は参観日でお会いしましょう。素敵な週末をお過ごしください!

最近のコメント

    カテゴリ